2016年03月14日

卒業制作展

昨日はM子、F子、Kさんの3人と国分寺駅で待ち合わせて大学の卒業制作展を見に行った。

皆が(いつもの身びいきで)王女の作品が一番良い!   と言ってくれた。

久しぶりのお祝いで予約の店でお酒  なんぞも飲んで乾杯した。 

友だちに祝ってもらうなんて幸せなことだ。 

今日は腕組み殿下、ヘベレケ王女とK子の4人で大雨の中クルマで卒業制作展を見に行った。

皆にも武蔵野美術大学を見せたいこともあって、現場でKK子(2年生)も合流した。

昨日と違って版画、日本画、油絵の会場全部を回った。

それから芸術文化学科の造形研究コース(論文形式)や、文化支援コース(?)や、デザイン情報学科のコミュニケーションデザインコースなどを見て回った。

いわく説明しがたいが、力作でモダンアートのビエンナーレで見るような、考えさせるような良いものが展示されていた。

こんなに難しい学問も有ったのだと感心した。

たまにスクーリングの自己紹介で「デザイン情報学科のナンタラカンタラ」と長いコース名を言う学生がいたが、今日の展示を見て、こういうことをやっていたのだとわかった。

あー、どっちにしても卒業できてよかった!    何度言っても嬉しい。 

学内で何人も友達に会ったが途中で挫折した人、とりあえず1年留年して先を考える人もたくさんいた。

又いつ会えるかもわからないので、ハグして手を握り合って「気をしっかり持って頑張って!」というきりなかった。

   アー卒業できて、嬉しい     
ラベル:卒業
posted by アメリカハナミズキ at 20:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

やっと井上眼科お茶の水

さて、この4年間で酷使した目の検査にかの有名なお茶の水眼科にやっとのことで予約した。

井上眼科で白内障の手術をしたのはまだ若かった14年前のことだった。

去年ぐらいから見づらくなった右目が気になっていたが、それもこれも全て卒業してからと先延ばしにして来た。

何しろ井上眼科はいくら予約の電話を入れても混んでいて繋がらない。

予約できたのに1週間もかかった。そして受診日は2週間後だ。

知っているだけでも、亡き大王様や美術評論家のY先生や大学の友だちのKが現在も井上眼科にかかっている。

目も大事にしないと、脳から来ていることもあるそうだから。
ラベル:医者
posted by アメリカハナミズキ at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

卒業判定合格通知

画像


やっと卒業判定「合格」通知が届いた。

これで間違いなく卒業がほぼ決まった。

ほぼとは16日の卒制講評日に出席しなければ卒業制作の単位(6単位)習得にならないので、卒業は認められないのだそうだ。

だから16日は雨が降っても槍が降っても鷹の台校に9時30分には集合していなくてはならない。

版画コースのHさんと一緒に卒業出来ることを電話で喜び合った。

彼女と腕組み王女は去年の10月から徹底的に卒業に向けて制作を急ぎ始めた。

10月からの準備では遅すぎると先生方から言われていたが、何が何でも卒業に向けて無理を承知で頑張り通した。

普通は卒業制作に1年をかけるのだそうだ。遅くても夏ぐらいには準備が始まらなくてはならないのだ。

Hさんと王女は綱渡り的に最後の4ヶ月をがむしゃらに卒業に向けて突進した。

Hさんの方が早く「版画Ⅶ」が合格して、最後の最後まで残ってしまった腕組み王女だったが多分先生のお情けでギリギリの合格だったのだと思う。

でも合格は合格だから連日お祝いの酒を飲んでいる。

ホッとしたー。これで混乱したアトリエを片付けられる。
ラベル:卒業
posted by アメリカハナミズキ at 14:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする