2017年04月15日

画材の行き先

大量の額縁や仮額や木枠などを、デッサン会のOさんが使ってくれるという。

彼はトラックでやって来て、腕組殿下にも手伝ってもらって、どんどん積み込んでもらった。

若者だからこれからたくさんの大作を描くことだろう。

腕組み王女は、たぶん100号以上の大作はないだろう、と思って。

でもまたアートフェスタなどに誘われると、大きな作品を描くだろうか?

描くだろうな? この性格じゃあ。

でもその時にならないとどんなものになるかわからないから、とりあえず今使いそうもないものは、Oさんに持っていってもらった。

仮額の置き場は天井までの吹き抜けになっていて、長~い物がたくさん入るように作られているが、20年間は全くあとから後から詰め込んで整理しなかった。

やっと片付けられたー。

そのうえさらにお礼にとOさんのご両親が作っているという野菜をたくさんくださった。

お礼しなくちゃいけないのはこっちの方だよ。

「せり」は八百屋の店先にあるもののイメージとは違って、短くて袋にどっさり詰め込まれていた。

画像


それで「せり」は新鮮なうちにかなりの量を茹でた。それらは胡麻和え、酢味噌和え、おかかをかけてお浸しと食べられる。

一部を「せりの天ぷら」にした。香りと味が素晴らしく美味しい。

夜遅くなってしまったが、食べずにはいられない。

ブロッコリーは後で食べたら、買ったものと違って格段に美味しかった。

「落花生」も自家製の無農薬でフライパンで炒って食べるようにとたくさん。

そのうえアトリエの片付けが進んで、嬉しい日になった。
ラベル:片付け
posted by アメリカハナミズキ at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

酒粕

古河で唯一の酒蔵の青木酒造の近くを通ったので、時期外れかもしれないが酒粕を期待して入った。

画像


店内はドラマの明治時代?のそれとも大正時代?いえいえ、昭和初期?のような作りで、いい感じ。

写真に写っていないが、左手に蔵があり店の右手からは、車で中に入れるように広そうだ。

見学させてもらいたい。

「酒粕ありますか?」と伺うと、いい雰囲気のおかみさん(たぶん)が「まだ少し残ってますよ。」と色よい返事。

2キロ買った。冷凍しておけるから。

腕組み王女は青木酒造の「御慶寿」という日本酒をいつも飲んでいる。

酒粕も大好物で、大体は粕汁にまたはシャケの粕煮、勿体無いが魚を粕漬けにしたり、野菜の粕煮も美味しい。

酒粕がある間は毎日のように何かしらに使う。

今日は直ぐに鮭の粕煮を作った。

ヘベレケ王女と酒を飲みながら、この酒粕は格別美味しいね、大吟醸の酒粕に違いない、と満足。

いい感じの青木酒造の隣は桜散る八幡神社だぜ、ワイルドだろ?
ラベル:生活
posted by アメリカハナミズキ at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

仮額縁の山

本額縁は、デッサン会のOさんが貰ってくれることになった。

箱入りの80号など3つは今の所使われていない。

取りに来てくれる時はトラックで来てとお願いした。

そのうえ仮額縁がたくさんある。

古河のアトリエができて20年の間、使ってはしまい、サイズ違いがどんどん増えて、色や材質の違うものが大量に立てかけられている。

仮額は作品から外すとバラして、棒状になるので本額のように箱入りで場所をとったりしない。

それぞれに角のコーナーを決める金具やネジなど少しの付属品があるから、仮ではあってもきっちり梱包してある。

が、埃だらけで、梱包も擦り切れて、プチプチは破れ、どーなっているの?って状態で、出てくるわ出てくるわ~

一つづつ梱包を解き、付属金具を確認してからもう一度綺麗に包み直して使えそうなものと、半端になっているものをより分けた。

これらもOさんが来たら、使いそうなものはあげてしまおう。

とくに大作の100号以上はもう描かないかもしれないし・・・・

本当の断・捨・離・になりそうだ。

夕方K子が来て、まだ人にあげない方がいいんじゃあない? と言っていた。

ちょっと迷うところだね。

片付けるだけでもやっておく、何しろ20年ぶりの整理整頓だから。
ラベル:片付け
posted by アメリカハナミズキ at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする