2021年11月25日

例の葉書




例年にも増して今年は喪中葉書がたくさんきている。

今では、兄弟姉妹か連れ合いが亡くなったお知らせが多くなった。

親しかった友達には、お悔やみの手紙を2通書いた。

特に親しかった絵描きの友達の旦那様が亡くなったのには驚いて、電話した。

何度か展覧会のたびにお会いして会場写真などたくさん作っていただいたのだ。

配偶者の死は人生で一番大変だと言われているもの、乗り越えて。

                        合掌
ラベル:喪中葉書
posted by アメリカハナミズキ at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする