2017年09月15日

来月は<視点ー12の個>展

<視点ー12の個>展の三つ折りの図録付きDMが200通届いた。

画像


図録の作品写真は下だが、完成ではなく、出品までにもう少し手を入れなければならない。

 
画像
50号「再生」アルカリ絵の具、ミックスメディア(ダブルクリックで拡大)

12人の作品写真を見て、「今年はブルーの絵が多いな。」と思った。

いよいよ今回で<12の個>も最後の年となった。

1998年から始まった<視点-12の個>は、今年で19年目で回数にすると、銀座セントラル美術館から始まって、高知県や京都展2回など合わせて12回開催された。

最初からの参加も9名いる。

この会は腕組み王女にとっても、いい刺激と勉強になるグループだった。

何しろまわりは大御所ばかりで、(どの会にも出品しているだけの会員がいるものだが)ここではそれは通らないから気が抜けない。

地位も名誉もついてこない会だが、前よりは良い作品をと気負ってしまう。

あと10年あったら、もちょっとマシな作品ができるのだがな。

何しろ2作目の30号の作品に苦戦している最中です。でも1作目も直さないとね、 トホホ・・
ラベル:展覧会 制作
posted by アメリカハナミズキ at 16:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
幸せだね 絵に向き合える時間が取れて。
画の中の時間なのかあなたの時間の中の画なのか
そんなことがふと浮かんだ。
Posted by まき子 at 2017年09月15日 21:08
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック