2022年09月21日

お祝い






今月お誕生日を祝ったばかりなのに、市長さんまで「喜寿のお祝い」をしてくださるの?

お手紙には「あなたさまはこれまで幾多の困難を乗り越えて来られ77歳の記念すべき歳を迎えられ・・・・ また長年に渡り郷土の発展に尽くし、貢献されたことに感謝し、改めて敬意を表します。」

と、お祝い金5000円を下さるそうだ。

幾多の困難を乗り越えた?、郷土の発展に尽くした?・・・・そんなそんなとんでもございません。

私だけが特別ってわけじゃあございません、とお誕生日を祝ってくださったのだと思ったら、77歳の人には全員「敬老の日」なのでお祝い金が出るのだそうだ。

そーだろうね。一人一人77歳の人の誕生日にお手紙とお祝い金を出していたら面倒だものね。

ちなみに88歳は米寿のお祝いで1万円くださるそうだ。

町内会からお赤飯と紅白饅頭が9月19日の敬老の日に配られて(食べ物大歓迎)終わりだと思ったら、今日21日にポストに市長さんからの手紙があったのだ。

あーぁ、何か不思議な気持ち、77年か。






posted by アメリカハナミズキ at 08:33| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おいわいされるの? いいなぁー この辺は何にもない
もっともっと年を取っている人は多いんだね
それにしてもお祝いもらえてよかったですね















Posted by まき子 at 2022年09月21日 15:50
私は自治会からのお祝い金頂いた。
自分ではまだまだと思っていたけれど、
もう77年も過ぎたんだ!と実感。不思議な気持ちですね。
Posted by くみこ at 2022年09月21日 21:03
まき子さんも久美子ちゃんも同い年だから77歳、めでたいね。さらに、ガンバ!
Posted by 腕組み at 2022年09月22日 15:14
コメントを書く
コチラをクリックしてください