2022年09月27日

通学路の旗振り




今週は町内の小学生の集団登校のための集合場所近くで、交通旗振りの順番が回ってきた。

今週月曜から金曜日まで、朝7時40分ごろから約10分間を近所の人と2人ひと組で十字路に立つ。

集合する子供は3人だ。

もう20年ぐらいは続いているだろうか?この仕事。

もちろん町内会の人は子供はいないような年齢の人ばかり。

以前、一番子供が多かった時で7,8人だった。

この旗振りがなければこの辺りで子供を見ることもない。

いったい子供たちはどこに行ったの?




posted by アメリカハナミズキ at 16:03| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
見守ってくれる人が居るのは安心だね。

家の近くも子供が減ったな~と思っていたけれど、最近(コロナが始まってから特に)家が次々と建って子供が一気に増えてきた。
最近はご近所の付き合い方も変わって来て、名前も解らないのは寂しい限り。
それでも学校へ行くときに、挨拶してくれる子供も居るのでホッとするわ。
Posted by くみこ at 2022年09月27日 21:37
ご近所の子供たちの成長の早いこと。
こないだ新一年生だと思っていたら、もう高学年になって、低学年生を守る方になっている。
近所の子たちも高校生や社会人になっているのでびっくりする。でも確実に少子高齢化の波はきている。
Posted by 腕組み at 2022年09月28日 15:04
コメントを書く
コチラをクリックしてください