2022年12月14日

伊勢ノ国、萬金丹




豆乳を作るとおからができる。だから干し椎茸や人参や油揚げなど入れておから(卯の花)をつくる。

うづら豆を煮る。

鶏肉を解凍しておいたから筑前煮(煮物ばかりだが)を作る。

このところ好きなホッケの醤油漬けを焼く。

自家製(簡易の)たくわん、甘めの柚大根、玄米飯と具たくさん味噌汁で昼飯にする。

何しろ田舎だから食卓はほとんど自家製の食べ物ばかり。

お腹いっぱいだが食後に濃いめのお茶と鯛焼きを食べる。

で、このところ胃が重い。昔はそんなことなかったのに。

そうだ!こういう時こそ萬金丹を5粒だ。

気をつけて食べても大食になってしまうから、最近食後に伊勢ノ国の萬金丹を飲む。

良い感じだ、すっきりする。

そのうえ、葛根湯も手に入れた。小柴胡湯加桔梗石膏(しょうさいことう・かききょうせっこう)も買った。

西洋の薬ではないけど、なんか信用しちゃう。





posted by アメリカハナミズキ at 16:38| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おからもひじきも常備職で よく作る でもこの頃よいおからに出会わない 先日など2袋買ったのにお茶碗に軽くいっぱいもない 之では作る甲斐がないね 大きならいパンにいっぱい作るのだ ごはんが進んで幸せ 大豆は
ひじきの時に入れるが 今は秘伝の豆という山形の美味しい豆をゆでて使うそのまま食べても うんとおいしい。
子の豆と干しシイタケの煮たものは冷蔵庫に必要だ
干しシイタケは煮ておくとあらゆる料理に使えて便利
なのだ 単品でも美味しいけれど おからなどには
しまる味になる。
Posted by まき子 at 2022年12月14日 19:41
おからは近所の味噌屋の千葉の大豆を買って、豆乳を作る。それから絞ったおからを使う。
椎茸は地元の椎茸が安いので、たくさん買って干して、冷凍してあるから何にでも使う。干し椎茸はあなたがおっしゃるとおり、何に使っても高級味で美味しくなる。
つい肉を食べるのを忘れてしまうほど畑の食物が多い。
従って便秘になることはない。昆布、わかめ関係も多く食す。人間一人が食べるには限度ってものがあるから、無駄にならないように気をつけなきゃね。
Posted by 腕組み at 2022年12月15日 11:34
コメントを書く
コチラをクリックしてください