2023年03月28日

桜の散り際の美





桜が散り始めたので、桜並木のある「四季の道」を小雨の中walk。

いつもの渡瀬川の土手には多少の雑木と萱などあるだけで見るものといったら近くの神社の桜がせいぜいだ。

この時期は四季の道の桜を毎年愛でるが、ここ数年伐採が進んで並木も歯抜け状態になりつつある。

市の説明によると桜の根が歩道を壊すのと老木の倒壊の危険とかが主な理由らしい。

だんだん東京の神宮の森のようになって来そう。

1本でも木を温存して、1本でも多くの木を植えて欲しいもんだ。

雪が降るように美しい桜吹雪を毎年必ず楽しんでいる。

木や植物がどれだけ人間を楽しませていることか、この頃つくづく人間も動物も虫も木や草など植物も同等の生き物だと思う。

いや、もしかしたら人間はそれら以下かも。 生き物の中では地球の自然を傷つけているという意味で少しも偉くないね。





posted by アメリカハナミズキ at 14:31| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
桜の季節はやっぱり違うよね。
ちょっと前まではお向かいに大きな桜の木があって、
長い期間お花見が出来たの。
その上花びらが散って道路がピンクになるのが楽しみだったけれど、あまりに木が大きくなって切ってしまったの。
今でも思い出しては懐かしんでいる。
花や緑が少なくなるのは寂しい限りだわ。
Posted by くみこ at 2023年03月28日 19:12
わっかるなー。桜も無くなるとものすごく寂しいよね。
地球上の木はなんとか1本でも残して欲しい、東京の神宮なんてほとんどの人が木を切るのに反対しているのに悔しいことだ。誰がそーゆーことするの!って憤る。
Posted by 腕組み at 2023年03月30日 10:05
コメントを書く
コチラをクリックしてください