2024年06月14日

物忘れ





外に出かけることがほとんど無くなったので、最後の墓参りはいつだった?とか、直近でお出かけしたのはいつ?とか思い出そうとする。

電車に乗って出掛けたのは4月だった。(今年初の電車乗り)

覚えている、KさんとKKさんの3人で六本木の国立美術館の展覧会に行った。

覚えている、銀座に回って版画の個展も見に行った。

さて、あの時お昼はどこで食べたっけ?

銀座のよく行っていた有名な中華料理店は最後に食べたら、あまりの値段の高さにもうコリゴリだね、って話はした。

じゃあ、あの日のお昼はどこで? どうしても思い出せない。

悔しいが自分の日記帳(PCの中に書いている)を開いて見た。

六本木の東京ミッドタウン内の「鈴波」という粕漬けの店のランチだった。

そうだ、そうだ、KKさんが「粕漬けの魚がしょっぱい」と言っていた。

ヤーだね、つい2ヶ月前の稀なお出かけのことも思い出せないなんて。

割と記憶がいい方だったが、おぼつかなくなってきたよ。

それに腕組王女は記録魔で日記も60年ぐらいは書いている。

最近は暇だから日常生活のつまらないことも書いている。

でもそれもこれも忘却の彼方に消えていくのだね。




posted by アメリカハナミズキ at 09:09| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当にすぐそばから忘れる 思いだすのも大変だ
人の名前はなかなか難しいよね 変な特徴でもあれば なんとかなるけれど そうでもないと全くダメだ

きのうのごはんもおぼつかない
取りあえず 書いておくことにしているけれどね
周りもそうだとなんか安心 なんの根拠もないけれど
Posted by まき子 at 2024年06月14日 12:16
本当ね~
覚えているつもりでも私も名前を直ぐに思い出せなくなってきた😢
他の人も同じよう?と思うとホッとする。
私は日記では無いけれど、家計簿にメモするようにしている。
Posted by くみこ at 2024年06月14日 15:02
コメントを書く
コチラをクリックしてください