2024年05月19日

テレビ電話で




腕組み殿下がバンドの練習で夕食後お出かけになった。

待ってましたと、Facetime(テレビ電話)で友達と長話。

出汁を摂るのに使っている「ワカメ」をカメラの前に持ってきて見せ合ったり、作った料理を見せたり・・・

王女の爪を見て、ネイルはちょうどひと月経つが、伸びてきて先をどんどん切っているが、真っ赤なので目立つらしく、友達が「きれいだね、自分もやってみようかな?」と言う。

イイね、簡単だからネイル屋にいってみたら?

するとピアスの穴も開けようかな?と言う。

「いまさら?」

どうやって穴を開けるの?と聞かれたから、王女の場合はアメリカ暮らしの時にアクセサリー屋で開けてもらった。

そして40歳を過ぎた頃もう一つ穴を開けたいと自分で「穴開け用の尖った金のピアス」でブスッと開けたと話した。

「ギョェー!痛く無いの?」

「痛く無いよ。簡単だよ、耳たぶの裏にワインのコルクをあてて、尖ったピアスで一気に突き刺すのさ。1週間ぐらい取らずに消毒だけしていれば大丈夫。」

だけど、今では小さな一粒のダイアのピアスなどは自分で付けづらくなった。

ブレスレットも左手で右手の腕のブレスレットの留め金が付けられない!

指が微妙に動かなくなっているのか?

それよか、床屋に行って「顔剃り」をやってもらうと見違えるように綺麗になるよー。

友達曰く、歳をとるときたなくなる。拡大鏡で自分の顔を見たら驚いた、という。

だから床屋に行って髭を剃ってもらったらピカピカになるよ。

顔剃りは安いよ。美容院の顔剃りはイイ加減だったが、床屋は剃るのが専門で良い刃物を持っている。

前は1500円だったけど。今では自分で剃ると切り傷を作って上手に剃れなくなった。

友よ、あなた器量良しなんだから、どうかこ綺麗でいてください。










posted by アメリカハナミズキ at 14:05| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月18日

くだらない出費




駅ビルのパン屋で友達とモーニングセットをいただきながらおしゃべりした。

以前のモーニングセットはサンドイッチ(またはホットドッグ)とヨーグルト(又はバナナ又は茹で卵)とコーヒー(飲み物)で確か345円ぐらいだった。

今年の1月に友達の誕生日でモーニングを頼んだら400円以上になっていてパンも小さくなっていた。

今朝はさらにさらに570円に値上がりしていた。帰りにあんぱんを買ったら1個240円だった。

あんぱんは100円ぐらいでいいと思うが、物みな上がる時代だからしょうがないのか?

帰りに駅ビルの中を歩いていたら、「スマホ・サービスステーション」があった。

iphoneの電池の消耗が早いので、交換してから2年ぐらい経つから取り替えてもらおうと寄った。

「大容量のバッテリーで6100円です。」と言うから前は7000円ぐらいしたから「安い!」と思った。

「ガラスコーティングも交換しますか?」と言うので、「いいえ、大丈夫です。」と言ったが「2年経つと壊れやすく落とすと・・・・」となんだらかんだら言っているから弱気の王女は「じゃあお願いします。」と言った。

数時間で交換できるので、お電話しますと言うからお城に戻ったら、すぐに電話があって終わりました、という。

請求が9928円で領収証にはさらにスマートフォン安心設定サービス1100円も入っていた。

「住所録アプリ」が使いづらいので、教えてもらったのがそれかー。

なんでもいい、1万円を切ったからさっさと払って帰ってきた。

教わった住所録を集中して移動して見やすく整理して、3時間ぐらいが経ってしまった。

それでも多分かなりの人数の住所録が消えたに違いない。

わかったようなわからなかったような1100円分でした。

歳をとると我慢ができなくなるから「値段はどうでもいい、簡単でわかりやすくしてちょうだい!」となりがちだ。


posted by アメリカハナミズキ at 17:45| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月17日

時代劇





テレビのニュース番組、お笑い番組や軽い旅番組は見ない。

腕組王女が見るのは時代劇だ。

昔はアルツ女王様がよくご覧になっていらした。

いつも一緒に見ていた孫の桃姫は子供の頃、医者の待合室にいた着物を着たお婆さんを見て「あの人、お侍さん?」と言ったのには笑ってしまった。

その頃は母上様は里見浩太朗とか、松平健とか加藤剛とかハンサムな時代劇スターがお好きだった。

その気持ちが全然わからなかった。

それが今は見るべき番組がないので、腕組王女はBSの昔の時代劇だけを見ている。

一番好きなのは池波正太郎の作品で「剣客商売」や吉右衛門さんの「鬼平犯科帳」。

大道具、小道具、家並みや旅籠、昔の人は旅の旅籠につくと「すすぎ」を持ってきてもらって、足を洗って上に上がる所作。

蕎麦屋の室内のしつらえや小道具も見ていて面白い。

昔の農家や、商家の室内や蔵やお帳場の作りなど、「昔はこんなだったのかなー。」なんて思いながら見る。

今のようにいろいろな飲み物がなかったので、まず酒が出る。酒の場面は美味しそう。

武家の家ではお茶が出るが、貧乏長屋ではカメから水を汲んで飲む。

ストーリーは二の次で街道筋の風景、宿場町やお寺の境内や出店の雰囲気も楽しい。

2枚目スターには全然興味がないがストーリー展開の面白い、よくあるパターンでない時代劇が好きだ。

だからいい脚本と丁寧な作りの時代劇が好きなのだね。

今朝は丹波哲郎の「鬼平犯科帳」を見た。相当古い番組だ。今はいない俳優がたくさん出ている。

鬼平はいろいろな俳優が演じたが好きなのは吉右衛門さんだ。強いばかりでなく人間ぽい温かみや洒脱なところもいい。

夜は時代劇もないから早々に寝てしまう。








posted by アメリカハナミズキ at 13:24| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする